T−シャツの歴史

お問い合わせ

T−シャツの歴史

T−シャツの起源

T-シャツ(T Shirts)は、第一次世界大戦中にアメリカ海軍兵がヨーロッパの兵士達が着ている綿素材のアンダーウエアを真似て作った綿のシャツが原型とされていまるんだそうです。調べてみて思ったのですが、意外にTシャツ歴史が新しいですね。想像では5〜600年前にはアメリカあたりでバリバリにTシャツが着られていたのかと思っていました。第一次世界大戦というと百数十年前ぐらいですか。そんな時に生まれたものだったんですね〜Tシャツって。

T−シャツの経緯

第一次世界大戦の時に登場したTシャツはその後アメリカの軍で正式に下着として採用されました。つか、Tシャツが採用される前のアメリカ軍って一体何を着ていたんでしょう。あれだけ動きやすくて軽くて丈夫で伸びがよいものがそれまでなかったと考えると不思議で仕方がありませんね。、汗も良く吸ってくれるのでタオル代わりにもなりますし、炎にまかれた建物から脱出するときには口に当てればマスクの変わりにもなるんではないでしょうか(体が軽くやけどするかもしれませんが、煙に巻かれて死ぬよりはましです。火事の死亡率の一位が煙をすったことでの一酸化炭素中毒だったと思いますので)それから軍のものとして扱われていたTシャツがその便利さから一般の庶民に広まって行ったのが1950年ごろなんだそうです。もうアメリカ中がTシャツだらけだったに違いありません。やはり、T-シャツが世界中で着られえることとなった理由のひとつに、綿で出来ているため非常に肌に馴染みやすいかったこともあるのではないかと思います。シルクのT-シャツだと一般庶民にはとても手が出なかったでしょうから・・・それに毛糸のT-シャツだと夏には暑くて着られなかったでしょう。綿だから皆に愛され、皆に着てもらえたのだと思います。
ちなみに、Tシャツと縁深いものがミリタリーファッションです。同様に米軍スタイルでカーキや迷彩がメインで発祥していきましたが、最近人気がある理由としてはTシャツとにていますがラフにおしゃれに着こなせる点ではないでしょうか。ミリタリー専用通販サイトやミリタリー商品・ファッションの専門誌も出ている程定着してきました。

それから少したった1970年代に入って、プリント処理を施したT-シャツが現れました。いよいよT-シャツがファッションとして認識されるようになった時代の始まりです。そのころには日本でもTシャツが着られえるようになっていましたが、やはり下着としての認識が強かったためか、Tシャツで外に出る人はあまりいなかったんだそうです。と思っていたら、一部の若者はTシャツ(下着のまま)で外に出る、それが逆によかったらしく大ブレイクしていたんだそうです。調べが甘かったですね。でも冷静に考えると下着のまま外にでるのが良いって考えは危険ですよね。ハッキリ言って露出狂ですしwwTシャツも偉い災難だったに違いありません。とは言いながらも現代でも下着のまま外にでるって考えが流行らないかな〜なんて考えいたりいなかったり。それからTシャツは色々なものが作られ、天然素材で作られたTシャツが一部の人の間で流行ったり、服屋オリジナルのTシャツにプレミアがついたりしながらも現代でも愛されています。色々な服が流行っては消えていく中でここまで長い時代に人々に愛されるTシャツってやっぱりすごいんだと感心してしまいます。

Valuable information

会員カード 作成
http://www.idcard.jp/card_ordermade.html

2017/6/15 更新